お金を稼ぐ意識を高めるためにやらなくてはいけないこと

2019-10-10 11:30:00

あなたはお金をもっと稼ぎたいと思ったとき、どれぐらい「お金稼ぎ」に対してやる気があるでしょうか?

いくら稼ぎたくてもお金稼ぎのやる気がでないという人は、そこまでお金稼ぎに興味がない人です。

普通に働いていて今の収入に満足している人は、そもそも生活を変える必要がないわけです。

お金を稼がなくては生活できなく、大げさに言うと死んでしまう状態に追い込まれてる人はお金を大きく稼いでいることが多いです。

生理的欲求人によって動いている人が稼いでいるのです。

お金稼ぎの初心者、貧乏層・一般大衆層からお金持ちに大きく変化していくさいには、メインの機動力となります。

社会的欲求や自己実現欲求、他者貢献欲求といった上位の欲求を軸にしてお金稼ぎをしているのは、すでに成功している、ほんの一つまみの人たちです。

むしろ血なまぐさい生理的欲求からスタートしている成功者のほうが多いということは、知っておくべきでしょう。

きれいな欲求だけでは、お金を大きく稼ぐ勢いはつきません。

お金を大きく稼ぎたいと思うなら、最初はこの生理的欲求をしっかり意識しないといけません。

人間は「お金持ちになりたい」というプラスを求める欲求よりも、「チャレンジすることによって借金を抱えたらどうしよう」というマイナスを回避する欲求のほうが、強くなります。

知らないうちに自分自身で、自分をあおっているのです。

最初はやる気がなかった人も、そうして自身に刺激を与えることで、徐々にやる気がでてきます。

「このままでは駄目だ」という危機感を認識することで、その危機感を払拭する解決手段としてお金稼ぎにうまくリンクしていきましょう。


◆想像力を働かせる

10年後自分がどんな人生になっているのか。

たとえば今の職場でそのまま10年間、働き続けた結果、どんな人生になっているかを想像してみてください。

・お金や時間に余裕ある生活が出来ているのか

・家族が安心して楽しく暮らせる家庭をきずけているか

・自分や家族が病気になったとき、その備えのお金はあるか

・老後、年金に頼らない資金源があるか

自分より年上の上司が10年、20年と働いた結果、どんなふうになっているのか。

観察してみてください。挙げた項目はクリアできているでしょうか。

かたやネットビジネスなどで効率的に稼いでいってお金持ちになっている人たちが、どんなふうになっているのか。

これらの知識を前提にして、想像していきます。

結果として多くの人が、不安をいだくのではないでしょうか。

やはりお金を大きく稼ぐ気力のない人たちは、想像力が欠如していることが多いです。

いまの仕事をずっとつづけていって習慣化してしまったら、将来どうなるのか。

このままだと自分はどうなるのか。なりたい自分になれているか。

それらを具体的にイメージしましょう。

最初は危機回避欲求を刺激する想像で、体を強制的に動かしていくほうがオススメです。